有楽町校Penguin Readersのご案内

有楽町校Penguin Readersのご案内

こんにちは!有楽町校スタッフのRinaです(^o^)!
すっかり涼しくなってきて、秋の気配がすぐそばにやってきましたね。

秋といえば、皆さん何を思い浮かべますか?
食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋などなど、何をするにも秋はぴったりの季節ですよね。

今日はその中でも読書の秋!!ということで、
有楽町校にある貸し出し図書をご紹介させていただきます!

有楽町校の生徒様なら誰でもご利用いただけますので、この機会にぜひお試しくださいね♪

オススメ図書1  Marcel and the Mona Lisa

こちらは英語初心者さんにオススメの本となっています(^o^)

挿絵も多く、難しい単語や構文が使用されていないショートストーリーとなっているので、お気軽に読んでいただく事が出来ます。
英語で読書はハードルが高い…と感じている方にお試しいただきたいです!

~あらすじ~
主人公はフランスのネズミ探偵Marcel。彼女に会いにルーブル美術館へ行くと、モナリザの盗難現場に遭遇してしまいます。彼はモナリザを取り返すことができるのでしょうか…!

ワクワクしながら読んでいるとあっという間に一冊が終わっていること間違いなし!
最初の一冊にぜひぜひいかがでしょうか?

オススメ図書2 The Return of Sherlock Holmes

こちらは英語中級者さんにオススメの本です(^o^)

英語でのReadingに慣れてきた方にトライしてみていただきたい一冊。
英語の多読学習では、見開きで分からない単語が2~3単語程度が理想とされています。
パラパラと見てみてくださいね!

こちらは日本語で読まれた方も少なくないのではないでしょうか?
名作、コナン・ドイルのシャーロックホームズシリーズのうちの一冊となっています。
短編集となっているので、隙間時間に読むも良し、一気に読むも良しな本となっています♪

名探偵ホームズとその右腕ワトソンが数々の難事件に挑むシャーロック・ホームズの物語は、世界で最も有名な推理小説といえるのではないでしょうか?
読者も彼らと一緒に謎解きができるので、ドキドキしながら読み進められること間違いなし!

他にもシリーズ本が出ているので、この本をきっかけに他の本を読んでみるのも楽しいかもしれませんね!
秋の夜長にぴったりな推理小説、ぜひ読んでみてくださいね!

オススメ図書3 Business @ the Speed of Thought

こちらは英語上級者さんにオススメの本です(^o^)

普段から英語での読み書きに慣れていらっしゃる方にはもちろんオススメですが、英語多読ではなく、ちょっと背伸びをして読んでみても面白い内容となっているので、力試しにもオススメの本となっています。

~あらすじ~
マイクロソフト共同創業者のひとりであるビル・ゲイツ氏の経営本をPenguin Readersが編集したものとなっており、原著の6分の1の長さとなっています。
新しい本ではないですが、彼のビジネスに対する考えや未来に対する見通しは、現在にも通じるところが多く、彼の先見の明に感心します。

この本を読んで興味を持たれた方はぜひ原著を読まれることをオススメします!

いかがでしたか?
この他にも有楽町校には面白い本がたくさんあります!
原文で本を読むことの楽しさは、訳者を通さず直接著者の言葉を受け取ることができると言うことだと思います。
リンゲージが違う言語で本を読む楽しさを味わうきっかけになれたら幸いです!
皆さんぜひトライしてみてくださいね!