スウェーデンのコーヒータイム

こんにちは。有楽町校のYUIです!
有楽町講師Anna、Jessica、Adrianの出身地でもあるSwedenについて紹介します。
今回はスウェーデンのコーヒータイムFikaをご紹介致します。

What is Fika?

皆さん、Fika(フィカ)とは何かご存知でしょうか?

Fikaは簡単に言うとcoffee timeまたはcoffee breakにあたります。コーヒーや紅茶と、甘いお菓子やパンを食べながら過ごすコーヒータイムです。

しかし、ただのコーヒータイムではありません。私たちが思うコーヒータイムとは少し違います。
Fikaはスウェーデンで必要不可欠なコーヒータイムなのです。

When?

コーヒータイムはいつですかと聞かれて、おそらく多くの人が思うのは、朝や午後3時、夕方でしょう。
時間は人によってそれぞれにせよ、コーヒータイムないしお茶の時間というのは、その人の中で決まっているものです。

しかしFikaは少し違います。朝やお昼、夕方または夜でもいつでもできるという点は変わりないのですが、Fikaはいつでも始まります。
仕事中のカジュアルなミーティングや友人との休憩としてはもちろんですが、Fikaはリラックスする事が第一なので、今までしていたことを一旦置き、コーヒータイムをとります。

Who with?

まずFikaは一人では取りません。友人や恋人、仕事先の人、初めて会った人となど、必ず誰かとともにとります。誰かと話しをながらコーヒーや紅茶を飲み、甘いお菓子を食べます。なので、テレビを見ながらなどの他の事をしながらコーヒーを飲むことはありません。FikaはTalk,Eat & Drink + Relaxを兼ね備えたステキなコーヒータイムなのです。

Fikaをする場所はどこでもよく、自宅やカフェ、公園、海辺などどこでもすることができます。

まだまだスウェーデンには素敵な文化があります。もしご興味ございましたら、有楽町のスウェーデン人講師のAnna、Jessica、Adrianに尋ねてみて下さい★

スウェーデンのコーヒータイム