今すぐ食べたい!世界のアイスクリーム

こんにちは!
有楽町校のMadokaです(^^♪

とうとう夏真っ盛り…東北も梅雨明けが発表されましたね!
そんな暑い夏にぴったりな、世界のアイスクリームをご紹介します(^^)

元祖アイス!イタリアンジェラート

アイスクリームといえば、アイスクリームの祖国イタリアのイタリアンジェラートです♪
イタリアンジェラートは周辺の国々のアイスクリームにも影響を与えるほど、インパクトがありました。
果実をベースに作られるため、沢山の味が楽しめます。
その数は、ジェラート屋さんの数だけあると言われていたり、いなかったり…(*´Д`)
脂肪分が少なく、さっぱりと食べられるのも特徴です( *´ `)

オススメは定番のピスタチオ
ナッツの濃厚な風味と、それでいて濃すぎない甘みは、一度食べたらやみつきになること間違いなし!
日本の蒸し暑い夏にはぴったりのアイスクリームです!

トルコからの刺客!ドンドゥルマ

ドンドゥルマとは、トルコで人気のアイスクリームです☆
日本では「トルコアイス」として親しまれています。その最大の特徴は、お餅の様な粘り!
ねりねりして食べたことのある方も多いのではないでしょうか。
この粘りは、トルコ沿岸地域の夏の暖かさでアイスが溶けてしまっても、垂れないようにと作られたもので、
トルコでは喉に詰まらせないように水を添えて提供するようです( ゚Д゚)
定番のミルク味やバニラ味だけでなく、チョコやコーヒーといった味もあるそうですよ☆

また、日本で販売しているトルコアイスとは原料も製法も違うそうですから、トルコを訪れた際はぜひ食べ比べてみてください!

王道をゆく!アメリカのアイスクリーム

アメリカはアイスクリームの消費量世界一を誇る、アイスクリームの国です!
中東で生まれたアイスクリームの原形を、イタリアがコールドなデザートとして完成させ、アメリカが発展させた、と言っても過言ではありません。
禁酒法でアルコールを楽しむことができない時代、ビール会社がこぞってアイスクリームを作ったことが、その発展を支えたと言われています。
日本で言う「ソフトクリーム」と呼ばれるようなクリーミーなものが一般的です。
また、現在世界中で売られている、棒アイスはアメリカで発明されました。
お風呂上がりの棒アイスが欠かせない私には世界一の発明だと思います。
ハーゲンダッツの様なカップのアイスクリームも、とってもおいしいですよね(*’ω’*)

いかがでしたか。だんだんアイスクリームを食べたくなってきたのではないでしょうか。
今回ご紹介したアイスクリームは日本でも比較的簡単に食べられますが、世界には日本ではなかなか食べられないアイスクリームがまだまだあります!
リンゲージで世界共通語の英語を習得し、アイスクリームツアーに出かけてみてはいかがですか(*^▽^*)
それではまた!

今すぐ食べたい!世界のアイスクリーム