英語版ジブリでフレーズを学ぼう

英語版ジブリでフレーズを学ぼう

こんにちは、有楽町校のタムラです。
今日は、英語版「となりのトトロ(My neighbor Totoro)」に出てきた使えそうなフレーズをご紹介します!
英語版トトロの英語吹き替えは、ディズニー映画も手掛ける声優さんが行っているので、発音がきれいです。また、ある程度ストーリーが分かるので英語も入ってきやすいかと思います♪
それでは、実際に登場した使えそうなフレーズをご紹介します(●^^●)

Wait up!/ Wait for me!

これらはメイやお父さんが何度か使っていました。
Wait up!/Wait for me!は“ちょっとまって!”や、“おいてかないでよー”というニュアンスで使われます。
走っている人を呼び止めるときなんかに使えます!

Is anyone home?

こちらはサツキが借りた傘をカンタの家に届けるときに使っていました!
Is anyone home?は“だれか(家に)いますか?”という意味です。
Is anybody home?も同様の意味です♪
また、日常ではAnyone home?のようによく省略して使われます。

I’ll let everyone know!

サツキが「今日の集まりに出られないの!」と言った時、友人が使いました♪
I’ll let everyone know!は“みんなに知らせておくよ!”という意味です。

let+人+knowは便利なので、ぜひ覚えていただきたいです(^^)
例えば、
Just let me know when you’re free.
空いている日があったら言ってね(知らせてね)。
Please let me know if have any questions.
質問があればお知らせください。
のように、Let me know when(if)~で覚えると使いやすいです!

いかがでしたか?
ある程度ストーリーを知っている映画を英語で観てみると、こんな風に言うのか!といった発見があったり、映像と一緒にフレーズを覚えることができたりするのでとても覚えやすいです!
私のオススメは、
1) 英語音声+英語字幕で観る
2) 英語音声+字幕なしで観る
の順番です!
映画でフレーズを積極的に覚えて、ぜひ使ってみてください♪