英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ有楽町校 有楽町校ブログ有楽町校のイベント「St.Patrick’s Day」をレポート

有楽町校のイベント「St.Patrick’s Day」をレポート

有楽町校のイベント「St.Patrick’s Day」をレポート

こんにちは!有楽町校の斉藤です。
今日はこの前に引き続き3/31に有楽町校で行われたSt. Patrick’s Dayのイベントについてご紹介します。

グリーンビールで乾杯!

アイルランド系の移民が多いアメリカでは、St. Patrick’s Dayにテーマカラーの緑色に染まったビールを飲みます。
今回はイベントの最初に生徒さん達にもグリーンビール作りを体験してもらいました。
作り方はいたって簡単。
プラスチックカップに食用の着色料の粉または液体を入れ、そこにビールを注ぐだけ!一瞬でグリーンビールの完成です。

アイルランドでは乾杯の時ゲール語でSláinte(スランチャ)と言って乾杯するので、生徒さん達にもSláinteで乾杯してもらいました。

アイルランドで有名な妖精レプラコーン

グリーンビールで乾杯した後は、今回イベントを企画した講師のAndyが簡単にアイルランドとSt. Patrick’s Dayについて説明しました。
今日はその説明でも出てきた、Leprechaunについて簡単にご紹介します。
Leprechaun レプラコーンはアイルランドの伝承に出てくる、髭の生えた小さなおじさんの妖精です。
普段は隠れて人間の靴を作ったり修理したりして生活をしていて、虹のふもとに金の入った壺を隠しもっているようです。
レプラコーンを捕まえると、彼を自由にするという条件と引き換えに3つの願い事を叶えてくれるといわれています。
アメリカでは、St.Patrick Dayに学校の先生からレプラコーンを捕まえる最良の罠を考えてきてねとジョークまじりの宿題が出ることもあるみたいです。

BINGO!

イベントではたくさんのゲームチーム対抗戦でやっていただき、一番最後は個人戦でBINGOゲームをしました。
St. Patrick’s Dayにちなんだ「Leprechaun」「Pot of gold」「Irish flag」「Green beer」「Green hat」の単語を使い、BINGOになったラッキーな3名の方には景品3つの中から(アイリッシュウィスキーのJamson、カルーアに似ていて女性に人気のアイルランドのコーヒーリキュールBailey’s、アイルランドで一番有名なビールGuiness)選んでいただいてお持ち帰りしていただきました。

次回はイベントでご紹介したアイルランドのスラングについてご紹介します!
お楽しみに~!