英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ有楽町校 有楽町校ブログ言語が変われば動物の鳴き声も変わる【初級編】

言語が変われば動物の鳴き声も変わる【初級編】

言語が変われば動物の鳴き声も変わる【初級編】

こんにちは!英会話リンゲージ有楽町校のRachelです。
突然ですが、英語圏で動物の鳴き声の話題になったとき、ちゃんと英語で答えられますか?
そこで今回は、英語の動物の鳴き声についてご紹介します。

身近な動物たちの鳴き声

★イヌ
日本語「わんわん」
英語「bow-wow(バウワウ)」
ちなみに子犬や小型犬などの「キャンキャン」は「yelp」、「ウーッ」という唸り声は「woof」、ウォーッという遠吠えは「howl」、「クンクン」は「whine」といいます。

★ネコ
日本語「ニャー」
英語「Meow(ミャオウ)」アメリカでは「Mew(ミュー)」。
ちなみに「ゴロゴロ」と喉を鳴らすのは「Purrr(パー)」というようです。

★ネズミ
日本語「チュー」
英語「Squeak(スクィーク)」
Squeakはキーキーという物音を表すときにも使います。

★ニワトリ(オス)
日本語「コケコッコー」
英語「cock-a-doodle-do(コッカドゥードゥルドゥー)」
これは有名ですね。表現するときはオンドリの鳴きまねをすると表現しやすいですよ。

★ニワトリ(メス)
日本語「コッコッ」
英語「cluck(クラック)」
そのほかにも「cackle(カクル)」ともいいます。
ちなみに「ピヨピヨ」鳴くヒヨコは「cheep cheep(チープ チープ)」と表現。

★カラス
日本語「カー」
英語「caw(カー)」
日本語と英語、同じ。

★ブタ
日本語「ブー」
英語「oink(オインク)」
英語と日本語、全然違いますね。言い方はブーブーのように2回繰り返します。ちなみにイノシシは豚に近い動物なので、同じ鳴き声で表すようです。

★サル
日本語「ウッキー」
英語「screech(スクリィーチ)」
こちらも英語と日本語、全然違いますね。screechは甲高い音という意味にもなるようです。サルの鳴き声は甲高いといったところでしょうか。

★ウシ
日本語「モー」
英語「moo(ムー)」
こちらは日本語の表現と似ていて覚えやすいですね。

★アヒル
日本語「ガーガー」
英語「quack quack (クワック クワック)」
Quackは騒々しい音という意味もあるようですよ。

★ウマ
日本語「ヒヒーン」
英語「neigh(ネーイ)」
言い方は少し鼻にかかった感じの声でネ~イと発音します。また「パカパカ」という馬の足音は「clip-clop(クリィプクラァプ)」と表現。

★ヒツジ&ヤギ
日本語「メエー」
英語「baa (バー)」「bleat(ブリート)」
Bleatには“めそめそする”という意味があり、めそめそ泣くなといったときにも出てくるフレーズです。

身近な動物の鳴き声をご紹介しましたが、みなさん簡単でしたか?
英会話リンゲージ有楽町校には、様々な国籍出身のインストラクターが在籍していますので、それぞれの国でどう表現するのか、ぜひ聞いてみてくださいね。