海外の定番ジョーク紹介

Hello! リンゲージ有楽町校インストラクターのTimです!
今日は海外の定番ジョークを紹介します!

不動の人気 「Knock Knock」 Joke!

‘Knock, knock’
(ノック、ノック)

201701111449_02

‘Who’s there?’
(誰ですか?)

201701111449_04

‘Harry.’
(ハリーだよ)

201701111449_03

‘Harry who?’
(どちらのハリーさん?)

201701111449_05

‘Harry up, it’s cold out here!’
(ハリーアップ!急いでくれ!こっちは寒いんだよ!)

201701111449_06

上記の様なKnock Knock Jokeは英語圏で親しまれてきたジョークです。このジョークは1人2役、1人が家の外にいて、ドアをノックする設定になっています。
ドアを「ノック」をすることから、Knock Knock Jokeと呼ばれるようになりました。

Knock Knock Joke の作り方

上記のKnock Knock Jokeを例に使って、このジョークの作り方を紹介します!

【1】まず、「Knock Knock」から始まります。
【2】中の人が「Who’s there?」と答えます。
【3】外にいる人が一般的な名前や単語を言います。例えば、Harry Potterの主人公の名前からHarry、他にも野菜や果物などなんでもありです!
【4】中にいる人が「Harry who?」と答えます。
【5】ここが腕の見せ所!Harryと同じ響きで違う意味を持つ単語で返事をします。例えば、Hurry Up! It’s Cold here! など。Hurry(早く) = Harry(ハリー)をかけた【だじゃれ/Pun】ですが、ここが一番の爆笑ポイントです!

英語圏では、この【オチ】の部分をPunch Lineとも呼びます。

まだまだある!Knock Knockジョーク集!

他にもオススメのKnock Knock Jokeをまとめて紹介します!

【Noah/ノア】
‘Knock Knock’
‘Who’s there?’
‘Noah.’
‘Noah who?’
‘Noah good place we can get something to eat?’

⇒このNoahは何だと思いますか?
正解は「Know a good place we can get something to eat?(食事に行きたいんだけど、どこか良い所知ってる?)」です!
「Noah(ノア:男性の名前)」と「Know a」をかけています!

【Lettuce/レタス】
‘Knock Knock’
‘Who’s there?’
‘Lettuce.’
‘Lettuce who?’
‘Lettuce in it’s cold out here!’

⇒このLettuceはどうでしょう?
正解は「Let us in. It’s cold out here!(中に入れて!外は寒いんだよ!)」です。
「Lettuce(レタス:野菜)」と「Let us」をかけています!

最後の問題です!
【Orange/オレンジ】
‘Knock Knock’
‘Who’s there?’
‘Orange.’
‘Orange who?’
‘Orange you going to let me in?’

⇒答えが分かりましたか?
正解は「Aren’t you going to let me in?(中に入れてくれないの?)」です。
「Orange (オレンジ:果物)」と「Aren’t」をかけています。最後はちょっと難易度が高めでしたね!

楽しんで頂けましたか?ぜひ皆さんもオリジナルのKnock Knock Jokeを作って下さいね!

海外の定番ジョーク紹介