英会話教室TOPオンライン英会話オンライン英会話ブログ画面共有された資料が見切れている時の対処法

Online Blog

オンライン英会話ブログ

画面共有された資料が見切れている時の対処法

今回のブログでは、「画面共有された資料が見切れている時の対処法」をご紹介します。
リンゲージのオンラインレッスンは、先生から画面上で共有される画像資料・英文を見ながらレッスンが進んでいきます。
Zoomでの画面共有は、資料自体に不備がなければ、参加者は個々に自分の表示を変えられる仕組みです。見やすいように設定するヒントにしてみてください。

パソコンの場合

他の参加者の顔モニターを、上か右に表示を切替ると見やすくなります。ここでは、「左右表示モード」の設定をご紹介します。

(STEP1)
・事前に設定する方法
アプリを開き、歯車アイコンの「設定」>「一般」>「コンテンツの共有」の「左右表示モード」にチェックを付ければ設定は完了。

・画面共有されてから設定する方法
画面共有がされると上部にメニューが出現。「オプションを表示(View Options)」>「左右表示モード(Side-by-side Mode)」にチェックを付ければ設定は完了。

(STEP2)
・中央の分割線をマウスで左右に動かせばOK
「左右表示モード」を使うと画面が左右に分割されます。共有画面が左・参加者の顔が右の表示です。左右の分割幅は、マウスで広くしたり狭くしたりできます。(中央の分割線を左右に移動)左右表示モードをやめたい時はチェックを外します。

また、共有されたとたんに勝手に全画面表示になった場合。キーボードのESCキーを押すと手動でサイズ可変できる表示に戻ります。

詳細はZoom公式サイトへ

スマートフォンの場合

参加者の顔モニターが被らないように、資料を拡大して、指で移動すると見やすくなります。

拡大する方法
スマートフォンの画面を指で摘むようにピンチアウトする(2本の指で広げる)と、見たいところを拡大して見ることができます。あとは、見たいところに指を滑らせてスワイプします。

画面の自動回転を解除して縦横を変えても、参加者画像の表示位置が変わります。その状態から指でピンチアウトやスワイプをして調整することもできます。

ちょっと待って!と伝える。

テキストには載っていないスライドなどがよく見えていないまま、レッスンが進んでしまって「どこをやっているか分からなくなった」という状態はできるだけ避けたいです。
そういったことが起こらないように、「少しだけ待ってほしい」など、会話する相手に伝えてみてくださいね。
(記事を書いた人:WEB担当Chida)

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。

PAGE TOP

オンラインでもOK!

まずは気軽に無料体験