英会話教室TOP ハッピー英会話レッスン ハッピー英会話レッスン#137 ヒアリングのコツ フォニックス

Happy English

ハッピー英会話レッスン

ハッピー英会話レッスン#137 ヒアリングのコツ フォニックス

正しい発音の仕方をマスターすることで、あなたの英語は絶対通じるようになります。外国人だけでなく米国の子供たちも正しい発音を学ぶために使うフォニックス。おなじみハワイ・ノースショアのロコガールズが、わかりやすく楽しく英語上達の秘訣を伝授しますよ。

「英語の勉強しよう!」のフォニックス練習シリーズは#84、#137、#138の三部作。今回の#137では、二文字または三文字一緒になったときの発音方法を練習します。

動画では、最初にサリーが連結した文字を発音します。良く聞いて真似してみて下さい。続いてジュリアが、連結した文字を使った例単語をあげるので、こちらも発音をマネしてみてください。

AIを発音するサリーAIを発音するサリー(0:48)

最初はこちら。ニ文字が一緒になったときの発音方法です。
AとI、つまりAIは「エイ」の発音。この発音が入る単語はRainです。
EとE。EEは「イー」。Sweetにこの音が含まれます。
OとA。OAは「オー」。例単語はSoapです。
OとI。OIで「オイ」。Coinの発音です。

次は三文字が一緒になったとき。
AとIとR。AIRは「エアー」です。Chairの発音の一部がこれですね。
EとAとR。EARは「イヤー」。これだけでも「耳」という意味ですが、ジュリアはEaringを例に挙げています。

CARを発音するジュリアCARを発音するジュリア(2:20)

また二文字に戻り、今度は
AとR。ARは「アー」に近い音(動画の発音をちゃんと聞いて、どんな「アー」か確認してください!)。Carの音です。
OとUでOU「アウ」。Houseに入っている音です。
EとAでEA「イー」。ジュリアのPeasの発音をよく聞いてみてください。
OとW。OWも「アウ」です。OUとの違いがわかるでしょうか。CowのOWです。
IとRでIR「アー」。こちらもARの「アー」との違いをチェックしましょう。GirlのIRです。
OとO。OOは「オー」ではなく「ウ―」。SpoonのOOです。

ちょっとレベルアップ?
今度はIとGとHです。IGHは見ただけではすぐに発音が思い浮かばないかも。IGH「アイ」はLightのIGH。
OとR。ORは「オー」と「オア」の中間のような発音です。Fork(フォーク)のなかにこの発音が入っています。わかりますか?
UとR。URは日本人には苦手な音「アー」と「オー」の中間ともいえるのですが、とにかく動画のサリーの発音を完コピしてください!Surfingが例単語です。
EとRでER「アー」。これも完コピ必須の文字では伝わりにくい音です。梯子を意味するLadderに含まれています。
ほかにもNG、CH、SH、UREといった、例として紹介されている単語がわかれば「なるほど、あの発音ね!」とわかるのに、連結部分だけの発音が難しいものが出てきます。
でも、「英語って難しい」と思う必要はありません。音に慣れ、音をそのまま再現できるようになれば大丈夫です!そのためには何度も繰り返してこの動画を聞いて、観て下さい!

英会話リンゲージで「英語の勉強しよう!」 英会話リンゲージはハッピー英会話レッスンを応援しています

他の動画を観る

PAGE TOP