英会話教室TOP ハッピー英会話レッスン ハッピー英会話レッスン#136 ペットの話に使える英語

Happy English

ハッピー英会話レッスン

ハッピー英会話レッスン#136 ペットの話に使える英語

ペットを飼っている人でもそうでない人でも、ペットが仲介になり人と仲良くなるってこと、よくありますよね。今回のハッピー英会話レッスンではペットの話をする際の英語フレーズを紹介しています!かわいいペット達に癒されながら、是非ポイントを掴んでみてください。

とてもフレンドリーな人が多い英語圏では、街中で、知らない人に話しかけられることも珍しくありません。今回の動画では、ジュリアが飼っているペットの紹介を兼ねて、いくつかペットに関するフレーズを紹介しています。外国でペットを連れて歩いている人と話す機会があったら、ぜひこの動画で覚えたフレーズを使って会話を広げてみてはいかがでしょうか?

動画の最初では、ジュリアの叔父さんが飼っているオウムの話をしています。
“This is my uncle’s parrot.” 「これはおじさんのオウムです。」
“His name is Oscar.” 「彼の名前はオスカルです。」

次に、ジュリアの鶏について説明しています。
“These are my chickens.” 「これは私の鶏です。」
“They are eating food.” 「彼らはエサを食べています。」

英語では人間の食べ物も、動物のエサも“Food”と言います。

“Their names are Konami, Moka and Latte.”「彼らの名前は小波、モカ、ラテです。」

鶏の名前を紹介するジュリア鶏の名前を紹介するジュリア(1:04)

ここでワンポイントアドバイス!英語でいくつかの事や物を説明する時は、最後の事(物)の前にだけ“and”を付けます。例えば、ここではペットの名前を紹介していますが、自分の好きな食べ物を紹介する場合だったら、
“I like Pizza, Ramen and Sushi.”「私はピザとラーメンとお寿司が好きです。」
というように、最後の物である ”Sushi” の前だけに“and”を付けます。意識して話していると段々と習慣づいてくるので、ちょっと気を付けてみてくださいね。

“My Chickens lay eggs.” 「私の鶏は卵を産みます。」

ここでは鶏の性別について話していますね。
英語では、メスの鶏は“Hen”。オスの鶏は“Rooster”と呼びます。

次にジュリアはペットの金魚を紹介しています。

“This is my pet fish.”「これは私の金魚です。」

食べる魚も、金魚も英語では“Fish”です。また、魚は複数になっても“Fishes”“Fishs”にはなりません。
そして最後に、とても可愛いジュリアの愛犬ルルが登場。

“This is my dog.”「これは私の犬です。」

愛犬を紹介するジュリア愛犬を紹介するジュリア(2:13)

自分の愛犬を紹介するフレーズにはいくつかのパターンがあります。
まずは一般的な伝え方、“This is my dog.”
次に“This dog is mine.”
そして、“This dog belongs to me.”
“belongs to~” は 「~に属す、所属する」という意味ですが、英語では自分の飼っているぺットを紹介する際にもよく使われます。
ここまでくれば、ペットのこと英語で話せる気がしてきたのではないでしょうか?気分が乗ってきたところで、動物の性別や種類を聞くときのフレーズも一緒に覚えてしまいましょう!
“What is your dog’s gender?” 「あなたの犬の性別は?」
“What is your dog’s type?” 「犬の種類は?」
“What kind of dog?” 「犬の種類は?」
「メス」は“female”。「オス」は“male”。「性別」は“gender”と言います。

動画の最後では、ジュリアがそれぞれの動物の鳴き声を英語で表現しています。
日本語での表現と違うところが面白いですね。それぞれのオノマトペ(擬音語)をぜひ日本語バージョンと英語バージョンで比較してみてください♪

英会話リンゲージで「英語の勉強しよう!」 英会話リンゲージはハッピー英会話レッスンを応援しています

他の動画を観る

PAGE TOP