英会話教室TOP ハッピー英会話レッスン ハッピー英会話レッスン#132 evenの使い方

Happy English

ハッピー英会話レッスン

ハッピー英会話レッスン#132 evenの使い方

今回の動画は、お役立ち英単語evenを使った例文がとにかくたくさん出てきます。それだけ頻繁に使われる単語だということでもあるので、ぜひティナとサリーの会話を繰り返し聞いて、みなさんが自分のことを表現する時に応用できるようにしましょう!

どの大学に行こうかな?とPCで情報収集をしているサリーに、お姉さんのティナが
“Whatcha doin?” 「何やってんの?」
と聞きます。ちなみに動画の中では説明されていませんが、”Whacha doin?”“What are you doing?”の省略形。とてもカジュアルな言い方なので、ビジネスシーンで使うのはNGですよ。

行く大学を調べているとティナに伝えるサリー行く大学を調べているとティナに伝えるサリー(0:46)

“I’m looking at which college to attend.”「どの大学行くか調べてんだ。」
と答えるサリーに、ティナはびっくり。すでに数々の国際的なサーフィンの大会に出場している妹は、高校を卒業したらすぐにプロサーファーになるのだと思っていたからです。

サリーの答えは、
“I’m gonna take online courses. So I can study, travel and surf at the same time.” 「オンラインコース(通信教育)をやるつもりなの。そうすれば勉強も旅行もサーフィンも全部一緒にできるもんね。」
“I can even take tests online too.” 「テストですらもオンライン(インターネット上)で受けられるんだよ」

ここでevenが登場。ここでは「信じがたいけど本当なんだよ」という意味で使われています。

“Online school!? That means anyone can do your homework.” 「インターネットの学校!?てことは、他の人に宿題やってもらえるじゃん。」
ティナは、ある意味現実的なコメントを口にしますが、サリーは真面目。

“Not even.”「そんなことないよ。」
ここで使われてるevenには、「普通だったらできないけど、私はやってみせるよ。」というニュアンスが含まれています。
さらにサリーは、「自分の宿題は自分でやる。頭良くなりたいもん。」と説明してから、

サーフィンをしながら大学へ行くと言うサリーサーフィンをしながら大学へ行くと言うサリー(3:13)

“Even if I get on the surfing world tour, I’m still gonna study.” 「サーフィンの世界ツアーに入れたとしても、勉強は続けるよ。」
“Even if ~ ”は「たとえ~だとしても」という意味。日常会話でもよく使われるイデオムなので、ぜひ覚えてくださいね。

ここでサリーの大学の話はひと段落。姉妹は近所の有名人のうわさ話を始めます。
“Did you hear? Jimmy’s opening his donut shop. He’s gonna be even bigger than he already is.” 「ジミーがドーナツ屋を開くんだって。さらにデカくなるね、彼は。」
ティナは「もっと有名になる、偉大になる」という意味で ”even bigger“ と言いましたが、サリーはいたずらっぽく、
“You mean, ‘even bigger’ because he’s gonna eat too many donuts?” 「さらにデカくなるって、ドーナツ食べ過ぎてってこと?」
“even bigger” には「(食べ過ぎて)デカくなる」という意味もあるのです。

今回の動画は、これまでとは少し構成が違うことにお気づきでしょうか?できるだけわかりやすく学びやすいストーリーになるよう、ロコガールズもママの恵美子さんも工夫しているようです。頭の運動をしたあとは、ジュリアのピアノ演奏でいやされてくださいね。

英会話リンゲージで「英語の勉強しよう!」 英会話リンゲージはハッピー英会話レッスンを応援しています

他の動画を観る

PAGE TOP