英会話教室TOP ハッピー英会話レッスン ハッピー英会話レッスン#131 Keep an eye onの使い方

Happy English

ハッピー英会話レッスン

ハッピー英会話レッスン#131 Keep an eye onの使い方

英語の会話の中で比較的よく使うフレーズ“keep the eye on”。「~の様子に気を配る」や、「気を付けて見張る」などの意味ですが、ネイティブのように使いこなすのは意外と難しいもの。ハッピー英会話レッスン#131でナチュラルな使い方を身につけましょう!

“Keep an eye on” と聞いて「目を乗っける?」と思った人に絶対観てほしい今回の動画。たしかに“keep an eye on” は直訳すると「目をのっける」ですが、そんなことはできませんよね?それでは、実際の会話の中ではどのように使われているのでしょう?日本の生活の中でも登場するようなシチュエーションを例に、ロコガールズの長女ティナがわかりやすく説明しています。

“Today, my parents aren’t home, so I’m keeping an eyes on my sisters.”
「今日は親がいないから、私が妹のことみてるんだ」
と、さっそくティナの口から “keep an eye on” が出てきました。動画のタイトル「ティナのお留守番」はこういうことだったというわけ。ここでの“keep an eye on”は、妹たちの「様子に気を配る」というニュアンスで使われています。

鍋が沸騰しないように見張るティナ味噌汁が沸騰しないように見張るティナ(0:38)

しっかり者のティナはキッチンで味噌汁を作っている時も、
“I’m cooking some miso soup. I have to keep an eye on it, so does not boil.”
「味噌汁作ってんだ。沸騰しないように見てないと」
これは「気を付けて見張る」に近いですね。

他にも、
“You’re supposed to keep an eye on your emails.”「メールチェックを怠らないでね」
“Keep your eye on the ball.”「ボールから目を離さないでね」
“Keep an eye on how much you’re feeding the chickens.”「どのくらい鶏にエサあげてんのか意識してね」
と、様々なシチュエーションでの “keep an eye on” が紹介されています。

 “keep an eye on” のバリエーションを紹介するジュリア “keep an eye on” のバリエーションを紹介するジュリア(2:14)

“Keep an eye on”は、ひとことで言えば「見る」ということだけれど、強い意味がある言葉なので、日本語では「しっかり見る」、「監視する」、「見守る」、「気を使う」、「観察する」がニュアンスの近い訳語だとジュリアが説明しています。みなさんも、どんな時に“keep an eye on”を使ったらいいのかがわかりましたか?

エンドロールはジュリアのかわいがっている鶏たちがエサを食べている画像がバックグラウンドに流れています。鶏たちの名前が「コナミ」、「ラテ」、「モカ」だというのは、もしかしたらこの動画で初めて明かされたコーヘン家の真実かも!

英会話リンゲージで「英語の勉強しよう!」 英会話リンゲージはハッピー英会話レッスンを応援しています

他の動画を観る

PAGE TOP