英会話教室TOP ハッピー英会話レッスン ハッピー英会話レッスン#122/eachの使い方

Happy English

ハッピー英会話レッスン

ハッピー英会話レッスン#122/eachの使い方

意味はだいたいわかっているのだけれど、実際に英語での会話の中でなかなかうまく使うことができない。”each”はそんな単語のひとつではないでしょうか。
今回のハッピー英会話では、”each”のニュアンスをシチュエーション動画で解説します。

まずは「シチュエーション1」。
お店のお菓子売り場で何やらうれしそうなジュリア。
“I love Hershy’s chocolate. I’ll buy one of each.” 「ハーシーのチョコ大好き!全部の種類、1個ずつ買っちゃおう!」
とチョコレートを手にすると、
“I’ll buy one of each.” 「それぞれ一個ずつ買っちゃおっ!」
と幸せそう。
“Oh yeah, my friends are coming over today.” 「そうだ、今日お友達が来るんだ!」
“I’ll buy one for each of them.” 「みんなそれぞれに1個ずつ買ってあげよう」
と言うと、ジョージ―とソフィアにもひとつずつ。残りは全部自分のもの宣言をするところがさすが末っ子です。

大好きなチョコを選ぶジュリア大好きなチョコを選ぶジュリア(0:46)

次は「シチュエーション2」
サリーがティナとジュリアにお菓子を焼いてくれました。
“Can I eat them?” 「食べてもいい?」
と3つのうち二つを手に取ったジュリアに
“Hey, there’s one for each of us. We have to keep one for Tina too.” 「え~、1個ずつだよ。ティナにも1個とっておかなきゃ」
とお姉さんらしいところを見せるサリー。ジュリアはそんなサリーに、
“Oh sure, we always care about each other.” 「私たち、いつもお互いを大切に思ってる、、、もんね~」とシニカルな反応です。

ティナの分のお菓子をがまんするジュリアティナの分のお菓子をがまんするジュリア(2:16)

さあ、いくつかの ”each” を使う例を観たところで解説です。
“One of each” 「それぞれひとつずつ」は、複数の種類の何かがあり、その中からそれぞれひとつずつ選ぶ場合に使います。
それに対して、
“One for each”「それぞれにひとつずつ」は、複数の人や動物、容器などに1個ずつ、という意味で使います。
そして
“Each other”「お互い」もeachが使われていますね。
混乱してきてしまったら、何度もシチュエーション1とシチュエーション2を繰り返し観てください。きっと ”each” の使い分けが理屈より感覚で習得できますよ。

英会話リンゲージで「英語の勉強しよう!」 英会話リンゲージはハッピー英会話レッスンを応援しています

不安が解決したらまずは体験レッスンへ♪

他の動画を観る

ハッピー英会話レッスン一覧へ

PAGE TOP