英会話教室TOP ハッピー英会話レッスン ハッピー英会話レッスン#119/ プレゼントの受け渡しに使う英会話

Happy English

ハッピー英会話レッスン

ハッピー英会話レッスン#119/ プレゼントの受け渡しに使う英会話

今回のテーマは「プレゼントの受け渡しに使う英語」です。日本では相手が友達であっても、謙遜し、丁寧な表現を使ってプレゼントの受け渡しをするのが一般的ですね。
一方英語では、相手との関係やプレゼントの中身によって様々な表現方法があります。動画でシチュエーションに合った表現を学びましょう。

丁寧な表現。友だち同士の場合。大切なものをもらった時や食べられないものをもらった時。それぞれのシチュエーションにぴったりくる表現、知っていますか?サリーとジュリア姉妹の表情や態度にも注目してみて!

・ていねいな表現
I have a present for you, I hope you'll like it.(プレゼントがあります。気に入ってもらえたら嬉しいです)
Thank you so much.(ありがとうございます)
What a surprise!(まあ、、なんて素敵なことでしょう!)

・友達どうしなら
I got you something.(プレゼント持ってきたよ)
I got a little gift for you.(たいしたものじゃないんだけど、はい)
Thanks can I open it now?(ありがと!開けても良い?)

友達同士のプレゼントのやり取り友達同士のプレゼントのやり取り(1:24)

・大切なものをもらった時
This is my favorite, thank you.(ありがとう、これ私の大好物!)

・食べられないものをもらった時
I’m sorry. I can’t eat this because I’m allergic to gluten. But thank you so much.
(ごめんなさい。私はグルテンアレルギーがあるから食べられないの。でも本当にありがとう)

・お姉ちゃんからもらったけど
Here, look what I got for you.(これ、あなたに)
Oh, already have this.(あぁ、これもう持ってるわ)

すでに持っているものをもらった場合の返答すでに持っているものをもらった場合の返答(4:11)

英語圏ではもらったプレゼントに対して、無難なお礼でごまかすことなく、「食べられない」「うれしい」などをしっかり表現します。日本では食べられないものをもらっても、そのことは伝えずに感謝を伝える場合が多いので、考え方の違いに驚いてしまいますね。食べられないものをもらったときには、その理由を丁寧に説明しているところにも注目です。

英語でコミュニケーションを取るときには、言葉だけでなく「どのような態度をとるべきなのか」を知っておくとスムーズです。2人がどのような態度を取っているのか、動画で確認してみてくださいね。

英会話リンゲージで「英語の勉強しよう!」 英会話リンゲージはハッピー英会話レッスンを応援しています

他の動画を観る

PAGE TOP