英会話教室TOPリンゲージ英語コラム英語コラム中級記事一覧ネイティブっぽい?こなれた英語表現4選

English Tidbits

リンゲージ英語コラム

INTERMEDIATE

ネイティブっぽい?こなれた英語表現4選

ネイティブっぽい?こなれた英語表現4選

“as a matter of fact”と“under these circumstances”

ネイティブスピーカーの話し方に近づけるような、こなれた英語表現を紹介します。

“as a matter of fact”「実際問題として」
“As a matter of fact, we can’t invest in India because we are experiencing financial difficulties.”
「実際問題として、弊社は財務的困難にあるために、インドには投資できません」

“under these circumstances”「このような状況下では」
“Under these circumstances, we should withdraw from the U.S. market.”
「このような状況下では、当社はアメリカ市場から撤退すべきである」

どれも文頭につけてから本題に入るとスピーキングがいきいきとします

“based on” 「…に基づけば」
“Based on these data, foreign direct investment in Europe is decreasing.”
「これらのデータに基づけば、ヨーロッパでの対外直接投資は減少しています」。

“for this reason”「この理由によって」
“For this reason, I think this plan will be ineffective.”
「このような理由で、この計画は効果がありません」

これらをプレゼンテーションに使用すれば、こなれた感じで話を始めることができるだけでなく、いきいきとしたスピーキングが演出できます。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験