English Tidbits

リンゲージ英語コラム

INTERMEDIATE

発音はどこまで気にすればいい?

発音はどこまで気にすればいい?

発音が苦手でも大丈夫!どんどん話してみましょう!

「自分は発音が苦手だから英語を話すのは気が引けてしまう」
という人は多いのではないでしょうか。
しかし、それでは、英語学習の絶好の機会を逃してしまいます。
発音は、ネイティブと話すことでうまくなるのです。一生懸命練習して発音がうまくなってからネイティブと話すのではなく、そのままでいいから、まずはどんどん話す機会を持ちましょう。

発音にそれほどナーバスになる必要はありません

あなたの発音が理解できなければ、相手は聞き返してきますから、そのときに発音を直していけばいいのです。
「間違ってしまった!」
とあわてることはありません。
発音を間違えても、お互いが最終的に正しい単語の意味を共有できれば、コミュニケーションは前に進みます。そうするうちに、自然と上達していくのです。

そもそも、発音にそれほどナーバスになる必要はありません。
国際会議でも交渉の場でも、多くの場合、日本人は日本人的な発音、中国人は中国人的な発音、ドイツ人はドイツ人的な発音のまま、英語でやり取りしています。それで十分、意思疎通が図れるからです。
英語はコミュニケーションの道具なのですから、ネイティブらしい発音をめざすよりも、実際に「話す」機会を持つように心がけるのが一番です。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
最大3ヶ月グループレッスン無料!
まずは気軽に無料体験