English Tidbits

リンゲージ英語コラム

INTERMEDIATE

通じる英語が話せるようになるには?

通じる英語が話せるようになるには?

発音はそれほど心配いりません

ネイティブスピーカーと英語で話していて、相手があなたの言った単語を理解できなかった場合、発音かアクセント、もしくは両方が間違っていることが考えられます。

発音が違っている場合は、実はあまり心配要りません。
たいてい、相手は似た発音の言葉を言って、あなたに「…と言ったのですか?」と確認を求めてきますから、あなたが「どのような単語」を使ったのか、最終的には理解してもらうことができます。

ところが、アクセントの位置を間違えてしまうと、そうはいきません。
相手がまったく推測できず、単語を言って確認してみることさえできないことが多いのです。

むしろアクセントが重要です

たとえば、ビジネスシーンでも頻繁に使う
”appreciate” 「価値が上がる・評価する」
は、4音節の長い単語です。
アクセントは第2音節pre のe にありますが、間違えて第1音節ap のa にアクセントを持たせ、
“I áppreciate it.”「感謝します」
と言っても、相手は理解できないでしょう。

文法的には完全でも、アクセントが違ってしまうとappréciate と言っているのだと相手が想像することが、発音が良くないケースよりも難しくなります。

正しい英語の発音を気にする日本人の英語学習者は多いですが、実はアクセントも意思疎通のためにはとても重要なのです。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
最大3ヶ月グループレッスン無料!
まずは気軽に無料体験