English Tidbits

リンゲージ英語コラム

INTERMEDIATE

文化の違いを乗り越える大原則とは

文化の違いを乗り越える大原則とは

「日本は、外国とは違う」は禁句と考えて

異文化は壁でしょうか。

日本とアメリカやイギリス、カナダ等の国々との間に横たわる
文化の違いにだけ目を奪われれば、それは壁としか思えないかもしれません。

もちろん英語圏だけでなく、アジア、スカンジナビア、アフリカ、南米、そして英語圏ではないヨーロッパの国々の文化の中で育った人々は、私たち日本人とは異なる部分を多く持っているように見えます。

しかし、外国出身の人を前にしての一番の禁句は、
「日本は、外国とは違う」
なのです。
このような思考で彼らに接すると、相手は敏感にあなたから差別意識を感じ取り、
気持ちの上でギクシャクとしたものが生まれてしまうことでしょう。

文化の壁を感じさせない人間ほど、仕事の面でも成功しているケースが多い

異なる部分ばかりに目を向けることをいったんやめ、
「外国も日本も国は国、人は人。根っこの部分では同じだ」
という意識を持つことを心がけてみて下さい。
そうするとコミュニケーションにゆとりが生まれ、自然と親近感がわき、
その親近感は信頼関係へと育ってゆきます。

私の経験からいうと、文化の壁を感じさせない人間ほど、仕事の面でも
成功しているケースが多いようです。
昔に流行したスローガンに「人類みな兄弟」というものがありました。
このような積極的な姿勢こそ、異文化に交わる世界では重要なのです

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験