English Tidbits

リンゲージ英語コラム

INTERMEDIATE

英語での交渉に使える動詞3選

英語での交渉に使える動詞3選

何といっても”negotiate”

交渉に関してよく使われる3 つの動詞negotiate, persuade, propose について、解説します。

“negotiate”「交渉する」
“negotiate with…”
で「…と交渉する」という意味になります。

“I would like to negotiate the price of this machine.”
「この機械の価格について、御社と交渉したいと存じます」
のように、交渉の場では頻繁に使われる動詞です。

「説得」、「提案」なら ”persuade”と”propose”

persuade「説得する」
“persuade + 人 + to do…”
で「…するように人を説得する」となります。

“We have to persuade the general manager to agree to the new proposal.”
「われわれは、本部長が新しい提案に賛成するように説得しなければならない」
この言い方が難しければ、
“We have to persuade the general manager.”
でも、会話の脈絡がしっかりしていれば十分通じます。

propose「提案する」
「プロポーズ」は、日本語では「結婚を申し込む」という意味で使われますが、英語では「提案する」という意味で交渉の場でよく聞かれます。

“I am proposing we renew the contract with the company.”
「私は同社との契約をわが社が更新することを提案します」

3つの動詞のニュアンスの違い、分かっていただけましたか?
上手に使い分けて、交渉を成功させてくださいね!

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験