英会話教室TOPリンゲージ英語コラム英語コラム中級記事一覧”Do you mind…?”への答えは日本人の苦手科目

English Tidbits

リンゲージ英語コラム

INTERMEDIATE

”Do you mind…?”への答えは日本人の苦手科目

”Do you mind…?”への答えは日本人の苦手科目

慣れるしかない “Do you mind…?”の答え方

英語では、Yes が「いいえ」、Noが「はい」という意味になる場合があります。
日本人にとってはややこしい話ですが、これはもう慣れるしかありません。

たとえば、
“Do you mind…?”「…しても構いませんか?」
と尋ねられると、英語に慣れている人でさえも、「はい、どうぞ」と言うつもりで、ついYes.と答えてしまいがちです。
でも、正しい答えはNo.
「どうぞ」ということは、
“No, I don’t mind…”「いいえ、私は構いませんよ」
ということだからです。

たとえば相手が
“Do you mind opening the window?”「窓を開けていただいても構いませんか?」
と聞いてきたときに、「いいですよ」と言いたければ、答えはNo. またはNot at all.「もちろん、いいですよ」です。
もしYes.と答えたら、「いいえ、開けてあげません」ということになってしまいます。

嫌でない=Noという発想に切り替えて!

“Do you mind…?”
への返事をマスターするには、文字通り「…は嫌ですか?」と問われていると考えて、

嫌でない=No
という発想に切り替えるのが一番効果的です。

“Don’t” や“Didn’t” で始まる否定の疑問文の受け答えも気を付けましょう。
“Didn’t you bring the document?” 「あの書類を持ってこなかったのですか?」
と聞かれた場合、日本語では「はい、持ってきませんでした」と答えますが、英語ではNo, I didn’t. となります。

また、否定文に対する同意にも注意しましょう。
相手が
“I don’t agree with him.”
と言ったとき、「自分もそうです」と同意するなら、
“I don’t, either. ”
または
“Neither do I.“
と言います。
日本語では肯定文ですが、英語では否定文です。

こうした表現は、初めはなかなか言えませんが、慣れてくればすっと口に出せるようになります。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験