English Tidbits

リンゲージ英語コラム

INTERMEDIATE

物事の順序を英語で表す

物事の順序を英語で表す

“ordinal number”「序数」はこんな時に使います

“first”、“second” のような言葉は“ordinal number”「序数」とよばれ、「第何回」や「何番目」など、その名の通り物事の順序を表す場合に使います。

それ以外にも、英語では
・人物の1世、2世、3世など
・日付
・分数の分母
・建物の階数
などを指すのに使われます。

省略形も一般的

First =“1st”
Second=“2nd”
Third=“3rd”
のように、「アラビア数字 + 英語の最後2文字」を組み合わせた省略形で表記することができ、日常生活ではこちらの方がよく見かけるのではないでしょうか。
省略形でも、読み方は「ファースト」「セカンド」「サード」と変わりません。

ちなみに “first floor” はアメリカでは1階ですが、ヨーロッパやオーストラリアでは日本でいう2階を指し、地上階つまり1階は“ground floor” と呼びます。
また“one floor”は「1つの階」という意味で、何階であろうと1つの階全体という意味になります。階数としての1階ではないので注意してください。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
英会話教室TOPリンゲージ英語コラム英語コラム中級記事一覧物事の順序を英語で表す