English Tidbits

リンゲージ英語コラム

FOUNDATION

自己紹介のコツ

自己紹介のコツ

打ち解けられる自己紹介には定型があった!

初めて会う人と話すとき、思うように自分のことを伝えることが出来なくなってしまう。しかも英語だとしたら、もっと大変。
それが理由で、なかなか打ち解けられなかったという経験はありませんか?

初対面の人でも打ち解けやすい自己紹介には、決まった形(定型)のようなものがあります。おすすめは誰とでも話題にしやすい「出身地について」。そこから会話を広げていきましょう。

ステップ1:出身地を伝える
"I’m from Hokkaido." 「私は北海道出身です」
"I was born in Okinawa." 「私は沖縄で生まれました」

”I am from~"
”I was born in ~"
を使って、まずは出身地を伝えましょう。

そして、
I live in Tokyo.(私は東京に住んでいます)
のように、今どこに住んでいるのか伝えるのもいいかと思います。

出身地がどんな所かを伝えることで、会話が広がります。

ステップ2:出身地がどのようなところなのか伝える
外国の方に "I’m from ~."
と伝えても、東京、大阪、京都、北海道など外国人に人気のエリアでなければ「ああ、あそこね!」と言う反応は期待できないでしょう。
出身地とともに、そこがどのようなところなのか伝えると、相手も興味を持ってくれるはずです。

そんな時に役立つ表現が
"be located in ~" 「~に位置する」
"be famous for ~"「~で有名だ」

例文も参考にしてみて下さい。
"We have a lot of snow in winter." 「冬には雪がたくさん降る」
"A nature-rich city."「自然豊かな町」

出身地に限らず、自己紹介した内容をさらにイメージしてもらうためのテンプレートを用意することで、会話を広げることができると思います。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP

オンラインでもOK!

まずは気軽に無料体験