English Tidbits

リンゲージ英語コラム

BASIC

英会話で使える「つなぎ言葉」

英会話で使える「つなぎ言葉」

つなぎ言葉は英語でFiller

洋画などを観ていると、会話中、登場人物が
“Ummm…” や ”Well…” と言っているのを耳にしませんか?

これらのつなぎ言葉は英語でFillerと呼ばれています。
日本でも、会話中に沈黙になるのはあまり良くないですよね.
英語でも、沈黙を埋めるためにFillerが使われることが良くあります。
つなぎ言葉を使えるようになると、より落ち着いて言いたいことを考えられるので、英語での会話もスムーズになりますよ!

それでは、英会話で使えるFillersをシチュエーション別に紹介します♪

英語で「えっと…」は?

皆さんは英語で話す時にも、つい日本語で「えっと…」と言ってしまっていませんか?
今日からは「えっと…」も英語で言いましょう!

“Hummm…”
“So…”
“You know…”
などが、日本語の「えっと…」にあたります。
ちなみに”You know…”は、語を置く場所によって意味が変わってくるので少し注意が必要です!

例えば
“You know Jessica has a little sister?”
というと
「Jessicaに妹がいるのは知ってるよね?」
という意味になります。「えっと…」とは違いますよね?
「えっと…」という意味で使うためには、”you know”を文と文の間にはさむのがポイントです♪

「なんて言うんだっけ…」なら、この表現

日本語だと出てくるのに英語が出てこない!
そんな経験ありますよね。
「英語でなんて言うんだっけ…」
と、言葉に詰まった時の表現も、使えるととても便利です。

“How can I say?”
“What is it called?”
が、「なんて言うんだっけ…」に相当する言い回しです。

こういうことで相手もあなたが言葉に詰まって考えているのだと理解してくれるので、次に何を言うか余裕をもって考えることができます!

英語で上手く説明できない時の表現は?

「なんていうか、こんな感じの…」と、会話の中でイメージやニュアンスを伝えることがあると思います。

そんな時は
“like ◯◯”
“kind of ◯◯”
を使いましょう!

likeには「◯◯みたいな」という意味もあるので、動詞以外にもこのように間投詞や前置詞として使うことができるんです。

会話の中で、その時の様子を再現する時にも使えるので、例えばあなたが道端でタヌキを見て驚いた時の自分の様子を伝える時は、

I was like … “What?”
「え?…って感じだったよ~」
のように使えます♫

以上、3つのシチュエーションごとに使えるFillersを紹介しました!
英語で誰かと話す機会があったら、ぜひ使ってみて下さいね♪

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
最大3ヶ月グループレッスン無料!
まずは気軽に無料体験