英会話教室TOPリンゲージ英語コラム英語コラム初級記事一覧おもてなし英語。具体的にはどんなことなのでしょう?

English Tidbits

リンゲージ英語コラム

BASIC

おもてなし英語。具体的にはどんなことなのでしょう?

おもてなし英語。具体的にはどんなことなのでしょう?

英語で“OMOTENASHI”はどんなふうに説明されているの?

オリンピック招致のスピーチで使われた“OMOTENASHI”ですが、日本文化の一つのあらわれとして、すっかり世界中で定着している感じがありますね!
ご存知の通り、「おもてなし」は日本にしかない表現です。
では、“OMOTENASHI”は海外ではどんなふうに説明されているのでしょうか?

「ニューヨーク・タイムズ」の記事(1997年4月20日付)には、このように書かれていました。

The Japanese call it OMOTENASHI: a service concept for which no simple translation exists. Thoughtfulness, dedication to customers' needs and meticulous attention to detail are key elements of such service.

翻訳すると、
「日本人が『おもてなし』と呼んでいるのは、単純な英語の訳は存在しない、サービスの概念。心遣い、顧客のニーズへの献身、細いところにまく行き届く配慮がこうしたサービスの主要な要素だ」
となります。

とても素敵に紹介されていますね♪

おもてなし英語とは?

“OMOTENASHI”の広まりとともに、「おもてなし英語」という言葉もよく見聞きするようになりました。
「おもてなし英語」は、“OMOTENASHI”の概念に沿った英語表現や対応。
つまり、
「心遣い、顧客のニーズへの献身、細いところにまく行き届く配慮」
がある英語表現と言えるでしょう。

こんな話があります。
ある居酒屋で、英語が話せない店員がアメリカ人のお客様の対応をしていた時のことです。
お客様に “How large?” と聞かれ、その店員は

“It serves two to three people. It’s pretty filling”
「2~3人分ですよ、お腹一杯になりますよ」

と伝えたそうです。
料理のサイズを表す英語は何通りもありますが、相手が知りたいことを察して具体的に「何人前くらいなのか」を伝えた「おもてなし英語」の良い例だと思います。

この夏はいよいよオリンピックが東京で開催されます。
今から私たちひとりひとりが「おもてなし英語」を学んで、世界中からやってくる人々に日本を好きになってほしいですね!

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験