English Tidbits

リンゲージ英語コラム

BASIC

sconeとscorn

sconeとscorn

ロンドンでスコーンを食べることに

英語をかなり勉強していた知人は発音にも自信がありました。
日本人が一般に苦手とするr の発音もきちんとできます。

その彼が、英語の苦手な友人と二人でロンドンを訪れた時のこと。
イギリスといえばアフタヌーンティーだということで、あるティールームに入りました。
友人が、この機会に「スコーン」というものを食べてみたいと言い出しました。
英語はできても料理にはうとい彼は、「スコーン」という食べ物があるということをそのときまで知りませんでした。メニューにも載っていなかったので、ウェイターに聞いてみることに。

“scone”を注文したら“scorn”な表情をされ・・・

彼は「スコーン」の綴りは知りませんでしたが、「コーン」と伸ばすので“r” の音が入るものだと思い
“Do you have any scorn?”
と尋ねました。
するとウェイターはけげんな顔をしてから、
“I know what you mean.”
と言うと、少々あざけるような表情で去っていきました。

スコーンが運ばれてきて、アフタヌーンティーは楽しめたのですが、ウェイターの対応が気になった彼はホテルに戻ってから早速、辞書をひいてみました。
すると、“scorn” はまさにウェイターが見せた表情の「あざける、嘲笑する」という意味。
一方あの焼き菓子は“scone”

いっそr の発音が上手でなかったほうがよかった、と思ったそうです。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
最大3ヶ月グループレッスン無料!
まずは気軽に無料体験