English Tidbits

リンゲージ英語コラム

BASIC

“yes”と“yeah” の使い分け ①

“yes”と“yeah” の使い分け ①

ビジネスやフォーマルな場では“Yes” を使います

"Yes" を意味する“Yeah”(イヤー)。
どのような状況でも使える、こなれた表現だと思っている人も多いようですが、使い方には注意が必要です。

“Yeah” は友人や親しい間柄では幅広い状況で使えるものの、ビジネスなどのフォーマルな場では、砕けすぎているので使わないほうが良い表現です。ビジネスやフォーマルな場では“Yes” を使うのが当たり前。“Yeah” は使いません。

親しくなるにつれて“Yes” から“Yeah” に変化

日本語では、フォーマルな場面では敬語を使い、相手と親しくなるにつれて敬語を使わなくなるのが普通です。
同じように、英語でも相手と親しくなり、個人的な友人となるにつれて、
“Yes” を“Yeah” に置き換えます。

もともと友人として紹介され、知り合った相手だったり、ティーンエイジャー同士というような場合であれば、最初から“Yeah” を用いても違和感はありません。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験