English Tidbits

リンゲージ英語コラム

BASIC

「ちょっと待って」を英語で言おう

「ちょっと待って」を英語で言おう

“Just a moment, please.”

どんな相手にでも、どんな場面でも、「待ってください」は
”Just a moment, please”
でOKという便利フレーズです。もちろん、対面でも電話でもOK。

フルセンテンスでは、
”Would you wait just a moment, please?” 
ですが、これだと仰々しい印象です。
”Just a moment, please”
の方が自然ですね。

会話の中ではこんなふうに使います。
(例1)
Sam: ”Hello, Marketing. This is Sam.”
「はい、マーケティング部のサムですが。」
Sam: ”Just a moment, please. Hello?”
「少々お待ち下さい。もしもし?」

Tom: ”Hi, Sam. This is Tom. Do you have Sarah’s phone number?”
「 サムさん、どうも。トムです。サラさんの電話番号わかります?」

Sam: ”Sarah’s phone number… Just a moment, please.”
「サラさんの電話番号ですね。ちょっとお待ち下さい。」

(例2)
”Sam, may I have your signature, here?”
「サムさん、ここにサインをお願いできますか?」

”Just a moment, please.”
少しお待ち下さい。

"Just a moment, please.”と一緒に覚えたい英語フレーズ5選

① "Here you are." 
「はい、どうぞ。」(何か渡すときに)

② "Go ahead."
「どうぞ。」(同時に何か言ってしまったときに)

③"Just a little."
「ええ、少しなら。」(英語できますか、と聞かれたときに)

④ "Excuse me."
「すみません。」

⑤"Thank you for waiting."
「どうもお待たせしました。」(少し待たせたときに)

ちなみに「待って」という意味で "Wait" を使うのは、すこしぶっきらぼうな印象を与えてしまいます。大人同士のコミュニケーションではもっと丁寧に表現したほうがいいでしょう。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験