英会話教室TOPリンゲージ英語コラム英語コラム上級記事一覧Irregular verbs 不規則動詞を理解しましょう!

English Tidbits

リンゲージ英語コラム

ADVANCED

Irregular verbs 不規則動詞を理解しましょう!

Irregular verbs 不規則動詞を理解しましょう!

Understanding irregular verbs is important

In today’s column, we are going to take a look at something a bit less funny than usual, but very important to know : irregular verbs in English.
These verbs only become irregular when we use them in the past tense, for the most part. There are about 200 irregular verbs in English (in normal use), so how can we know what form they take ?
Fortunately, they are divided into three big categories : strong verbs, weak verbs and anomalous verbs.

今日のブログではいつもよりちょっと面白みに欠けているかもしれませんが、でもとっても重要な「英語の不規則動詞」について見ていきましょう。
これらの動詞はたいてい、過去形になった時に「不規則」な形になります。だいたい200個の不規則動詞がありますが、どのような動詞の形に変わるのか、どうやったらわかるのでしょうか?

幸運にも、これらの動詞は3つの大きな種類に分かれています。
“strong verbs”, “weak verbs” そして”anomalous verbs”です。

Strong verbs

These verbs come from the Germanic strong verbs group, since English is considered a Germanic language. They don’t have –ed or –t at the end, but the past participle sometimes uses –en. Also, these verbs shift a vowel when put in the past.

これらの動詞はドイツの強変化動詞(strong verbs)グループの由来で、英語がドイツ語を参考にしているからです。
この動詞は最後に-dや-edは付きませんが、過去分詞形では時々-enを使います。また過去形では母音が変わります。

For example :
・Bite – Bit – Bitten
・Ride – Rode – Ridden
・Steal – Stole – Stolen

However, some of these verbs do not use –en for their past participle, such as :
しかし、これらの動詞の一部は過去分詞形で-enを使わないものもあります。
例えば

・Come – Came – Come
・Drink – Drank – Drunk
・Show – Showed - Shown.
Among these verbs are grind, hang, seek, shoot, sit, swim and so on.
grind, hang, seek, shoot, sit, swimもそうです。

Weak verbs

Just like strong verbs, these originate from German, but instead of using –ed, they use –t or –d. Also, when these verbs have long vowels, like keep, they lose this long sound to get a short one (keep -> kept), or even change their whole pronunciation (think -> thought). There are also some short verbs that remain the same, like cut. In this category, we find verbs such as :

strong verbsと同じで、weak verbsも元々はドイツ語由来ですが、最後に-edを使わず、-tまたは-dを使います。
またこの動詞はkeepのような長い母音を持ち、keep -> kept と長い母音が短く変化になるか、think -> thought とまるっきり発音が変わります。

また短い動詞でcutのように変化がないものもあります。
このカテゴリーではこのような動詞があります。

・Fight – Fought – Fought
・Seek – Sought – Sought
・Creep – Crept – Crept
・Cut – Cut – Cut
・Bet – Bet – Bet
・Speed – Sped – Sped
and so on.
などがそうです。

Anomalous verbs

Some verbs don’t fit in either categories, so we usually put them in the “anomalous” category. Only a few verbs are found here, but they are probably some of the most important ones in the English language. We use them every day, in almost every sentence. Let’s take a look at them :

上記のカテゴリーに属さない動詞もあるので、それらを“anomalous”(変則的な)カテゴリーに入れます。
このカテゴリーには少ししかありませんが、おそらく英語で最も重要な動詞だと思います。
English speakerはこれらを毎日、ほとんど全ての文章に使います。それでは見てみましょう。

・Be – Was/Were – Been
・Do – Did – Done
・Can – Could (no past participle)
・Shall – Should (no past participle)
・May – Might (no past participle)
・Will – Would (no past participle)
・Must and Ought (no preterites or past participle)

We can use the past form of some of these verbs to be more polite.
-At the restaurant = Would you like something to drink ?
-At work = Could you give me this file, please ?

過去形を使うことで、より丁寧に表現できる動詞もあります。
レストランで:飲み物をいただけますか?
お仕事で:この書類をいただいてもよろしいでしょうか?

どうでしたか?不規則に変化する動詞も、カテゴリーを頭にいれておくと自然と覚えやすくなるかもしれませんね。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験