English Tidbits

リンゲージ英語コラム

ADVANCED

イギリスの食文化を紹介

イギリスの食文化を紹介

Food 食べ物

Food people eat in Britain differs greatly to what people eat in Japan.
For example the most common food the British culture is known for eating is fish and chips.
Although people in Japan in some places eat fish, the way fish is cooked in Britain is different to how fish is cooked in Japan.
The way British people cook fish is by deep frying it in a battered mix to give a nice crisp taste to accommodate the chips that come with it.

On Sundays and special occasion such as Christmas and New year’s, British people cook and eat what is called a roast dinner.
This is only served and usually eaten on Sundays and it consists of vegetables such as broccoli, cauliflower, cabbage, carrots peas and potatoes.
With this they eat a piece of roasted meat such as chicken, beef or lamb.
Turkey is usually an option but this is eaten more at Christmas time than on a Sunday roast.
To go with this meal they usually eat it with a pastry like piece of food which is called a Yorkshire Pudding and gravy all over the food to give that added flavor.
People in Britain usually eat in big portions so when they are served something they expect quantity as well as quality.

イギリス人の食事は、日本人のそれとは大きく異なっています。
例えば、最も一般的なイギリスの食文化は、フィッシュ アンド チップスを食べることとして知られています。
日本人も魚は食べますが、イギリスと日本では魚の調理方法が異なります。
魚についているチップス(フライドポテト)とあうように、衣をつけて揚げ、パリパリとした食感にするのがイギリス式です。

日曜日やクリスマス、新年などの特別な時には、イギリス人はローストディナーと呼ばれるものを作って食べます。これが作られるのはたいてい日曜日に限られ、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、にんじん、エンドウ豆、ジャガイモといった野菜が主な材料で、こうした野菜に合わせて、チキンやビーフ、ラム肉といったローストされた肉を食べます。
ターキーを食べることもありますが、日曜日のローストディナーよりはクリスマスの時期に食べることが多いです。
こうした食事には、ヨークシャ・プディングとグレイビーが付け合わせに加えられるのが一般的です。これはペストリーのようなもので、食事全体に風味を加えるグレイビーソースと合わせて食べます。
イギリス人々は多くの量を食べるので、食事に関してはその質だけでなく量にも期待します。

Drink 飲み物

British people are very common for drinking soft drink and sodas, much like America.
However they are very well known for drinking hot milk tea.
The way this is made is a little different to tea in japan.
Whereas most people in japan drink tea cold, people in Britain will drink tea hot and it is very uncommon for people to drink cold tea in Britain.
Most people in Britain drink tea quite often.
They usually make this from tea bags and hot water.
The milk comes after and some people put sugar in the tea to add to the flavor.
Some people eat digestive biscuit with their tea.
It is known for people to dip their biscuit into the tea to soften up the biscuit and give an added taste to the biscuit.

イギリス人は、アメリカ人と同様にソーダやソフトドリンクを普段からよく飲んでいるのですが、やはりホットミルクティーを飲むことが一番有名ではないでしょうか。
イギリス式ホットミルクティーの作り方は、日本の紅茶とは少し違っています。
多くの日本人が冷たい紅茶を飲むのに対して、イギリスの人々は温かい紅茶を飲みます。
イギリス人にとっては冷たい紅茶を飲むことはあまり一般的ではありません。
ほとんどのイギリス人は、本当によく紅茶を飲みます。大抵、ティーバッグにお湯を注ぎ、牛乳は後から入れて、さらに砂糖を入れる人もいます。
紅茶と一緒にダイジェスティブビスケットを食べる人もいます。
ビスケットを柔らかくして風味を加える為に、紅茶にビスケットを少し浸すのもよく知られています。

Alcohol アルコール

Like in Japan, most people in Britain like to drink alcohol.
Beer and spirits are very common as well as foreign imports such as larger from different countries.
But British people are much known for drinking ale’s and stouts.
These are homebrewed alcohol drinks which are brewed by local pubs and served in a pint glass for people to drink.
Drinking alcohol is very common in Britain with pubs being a known place to serve alcohol as well as being a good spot to socialize at.
Pubs are very much like izakaya’s are in Japan, a place where people go after work to drink and socialize.

日本人と同様に、ほとんどのイギリス人はお酒を飲むことが好きです。
ビールやスピリッツは、他国から輸入されたラガーのような海外輸入品と同じく、広く普及していますが、イギリス人はエールやスタウトを飲む国民としてよく知られています。
それらは地元のパブで醸造された自家醸造酒で、パイントグラスで出されます。
イギリスではお酒を飲むことはとても一般的なことで、特にパブは人々の交流の場であるのと同時に、お酒を飲む場所としてみなされています。人々が仕事帰りに立ち寄り、交流する場として、イギリスのパブと日本の居酒屋によく似ています。

イギリスの食文化について、さらに興味がわきましたか?
現代的な料理やエスニック料理など、イギリスの食文化も多様化し、進歩を続けています。機会があれば実際に旅行して、現地の食文化を体験してみてください。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験