English Tidbits

リンゲージ英語コラム

ADVANCED

アドバイスの表現

アドバイスの表現

忠告や助言は”should”を使います

誰かに
「…すべきだ/したほうがいい」
と忠告や助言をアドバイスをするときは ”should” を使って表現するのが一般的です。

“You should finish the report by Monday.”「月曜日までにその報告書を仕上げたほうがいいよ。」

“John should learn Japanese if he wants to live in Tokyo. “ 「東京に住みたいなら、ジョンは日本語を勉強したほうがいい。」

などが一般的なアドバイスの”should”の使い方です。

客観性を出したいときにはこんな表現も

もう少し客観的な意見としてニュートラルな立場でアドバイスをしたい場合には、
“it is advisable (for 人) to…”
を使うといいでしょう。

“It is advisable for you to keep away from this kind of business.” 「この種の商売には手を出さないほうがいい。」

“It is advisable to reserve your room as early as possible.” 「できるだけ早めに宿泊の部屋を予約したほうがいい。」

というように使います。

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験