英会話教室TOPリンゲージ英語コラム英語コラム上級記事一覧日本語と「はい・いいえ」と英語の”Yes/No”の違いとは?

English Tidbits

リンゲージ英語コラム

ADVANCED

日本語と「はい・いいえ」と英語の”Yes/No”の違いとは?

日本語と「はい・いいえ」と英語の”Yes/No”の違いとは?

日本人の多くが使い分けに混乱しがちです

日本語の「はい」、「いいえ」と英語の”yes” “no”の使い分けは、英語を勉強する過程で日本人の多くがひっかかる定番案件といえます。

「彼女からまだ返事が来ていませんか?」と否定形で質問された場合、来ていなければ「はい。(来ていません)」と質問文に肯定で答えることが、日本語では一般的です。

しかし、英語で
“Hasn’t she replied yet? “
と否定形で質問された場合はどうでしょう。
来ていなければ
“No, she hasn’t.”
と必ず否定形で答えます。
日本語につられて、来ていないのに”Yes.”と答えがちですが、それは間違いです。

日本語は質問に対しての「はい」「いいえ」なのに対して、英語は事実に対しての”yes” “no”だと考えることもできます。

習うより慣れろ!練習問題をやってみましょう。

一番の対策法は、「習うより慣れろ」です。
とにかくたくさん練習するうちに、いちいち「Yes/Noどっちだっけ?」と考え込まなくても、自然と英語としてナチュラルな方が口をつくようになります。

さっそく練習してみましょう。
【質問】
[1] Don’t you like fish?
[2] Aren’t you Chinese?
[3] Can’t you see the monitor?

【答え】
[1]魚は好きではないのですか?
→Yes, I do(はい、好きです) / No, I don’t(はい、好きではないです)
[2] あなたは中国人ではないのですか?
→Yes, I am (いいえ、中国人ですよ) / No, I’m not (いいえ、中国人ではありません)
[3]モニターが見えないのですか?
→Yes, I can (いえ、見えます) / No, I can’t (はい、見えません)

すぐに使える英会話をもっと学びたい!もっと話したい!
そう思ったら、英会話リンゲージの無料体験レッスンがおすすめです!

★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★
リンゲージ英語コラムTOPに戻る
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験